top of page

KAKIKAKI KIKOKIKO DADADADADA


 


 広島出身のダダイスト 山路商(1903~1944)に焦点をあてたインスタレーションです。彼はかつて、現在の広島市現代美術館が位置する比治山の麓にアトリエを構えていました。彼はいち早くダダイスト宣言をしており、その先進的な思想は当時のあらゆるジャンルの芸術家に影響を与えたと言われています。山路は生まれつき身体が不自由であまり家を出る事は無く、多くの芸術家がサロンの様に彼のアトリエに集まり議論していたそうです。太平洋戦争が始まると彼は特別高等警察に拿捕され、獄中で結核に感染し、釈放後早々に他界しました。彼のアトリエはその後、原爆によって消失し、ほとんどの作品が消失しています。比治山は戦後になるとアメリカによりABCCが設置され、被爆者のデータを収集し続けてきました。2011年の福島第一原子力発電所の事故後にもこの研究所が重要な働きをしていました。

 会場には山路商のマペット人形が設置され、比治山の姿をスケッチしている構図になっています。会場の比治山の造形は広島市現代美術館のシンボルマークから引用したものです。生前、彼は多くの比治山の絵を描いていました。身体不自由で比治山の麓に籠っていた山路商、原発事故により室内遊びを余儀なくされている福島の子どもたちへのオマージュ、人体への放射線の影響を収集し続けている比治山の研究施設、そして美術館の教育普及を巡る考え方がこのインスタレーションのコンセプトを作りました。


This installation was focuses on an artist. His name is "Syou Yamaji(1903-1944)". He were the Dadaist declaration at a young age. He lived in Hiroshima and was a physically handicapped person. Artists gathered in his studio like a salon. During the Pacific War, he was arrested by the secret police. He is infected with tuberculosis in prison. He died soon after his release. After that, his works and his studio was extinguished by the atom bomb. There was his studio at the foot of the hill named Hiji-yama . Museum that I have this exhibition is situated on Hiji-yama. And The institution of Atomic Bomb Casualty Commission is built to mountaintop. This organization is collecting the effects on the human body by radiation.

In this installation, he was revived on muppet and watched a place where children gather to play. In conjunction with the play of children, the muppet start moving.

I was produced this work after the nuclear accident in Fukushima. At that time, children's playground is lost in East Japan.


作品タイトル/ Title:カキカキ・キコキコ・ダダダダダ!/ KAKIKAKI KIKOKIKO DADADADADA

制作年/ Year:2011

素材/ Medium:スチロール、和紙、木、カーペット、FRP、紐、鉄、 特別展示収蔵作品:山路商「自画像」/ Mixed media

広島市現代美術館/Hiroshima City Museum of Contemporary Art

広島県広島市/ Hiroshima, Japan

キュレーター:山下樹里



Comments


bottom of page